風俗の出稼ぎを受け入れているお店とは?

風俗の仕事は全国各地に存在します。中には、わざわざ都会に出てきて働くという女性も増えているのです。お客さんの入りが少ない地方で働くよりも、どんどんお客さんがやってくるお店の方が、稼ぎとしては魅力的。でも、引越しするお金がないという女性も多いでしょう。

ところが、現在は風俗店で寮を用意しているところも増えているので、出稼ぎで働くという女性を積極的に受け入れています。生活環境が整う上に、はじめから仕事に没頭できる環境が与えられるのはとても魅力的。ただし、真面目に働かなければ生活資金が不足してしまいますので、出稼ぎする以上はきちんと稼ぐという意識を持つべきです。そこさえしっかりしているのであれば、出稼ぎでどんどん貯蓄を増やすことだってできるでしょう。

風俗の仕事はお客さんを接客するほど収入アップとなります。働かなければ稼ぎにならないので、できる限り仕事に費やすことができる時間が必要になります。はじめからどんどん働く思いがあるのであれば、有名店で寮を借りて働くのがおすすめです。住む場所にも困ることなく稼ぎは高収入。指名が多くなると日給も増えるという嬉しいことだらけ。

風俗のお店は出稼ぎの女性を応援してくれており、生活面でのサポートを積極的に行っているところがあるので、地方主審者でも都会に進出するチャンスとなるのです。暇を持て余して稼げないという環境に身を置いているのであれば、試しに都会の風俗求人をチェックするのも良いアイデアです。今までとは全く違った収入ベースが確保できるようになると、お金の使い方も変わります。生活にゆとりがもてるようになり、プライベートまで充実するとなれば、寮を用意しているところに目星をつけて出稼ぎするのが良いでしょう。

面接したその日から仕事をさせてもらえるお店もありますし、サービスの教育を丁寧に行ってくれるところもあるので、風俗初心者でも物おじせずに働くことができます。多くの女性にチャンスをつかんでもらいたい。そんな思いがあるからこそ、風俗店では生活環境を用意して、新規女性を募集しているのです。

風俗求人を確認すると、寮の完備は明記されているはずです。気になる求人情報をいくつかピックアップして問い合わせてみると、1日あたりにかかる費用から、収入の平均など、気になるお金についての情報を収集することができるようになります。それから風俗店へ働きに出たとしても遅くはありません。

・風俗店で働く女の子について
では、風俗で働く女の子たちはどんな心境で働いているのだろうか。自分たちは売春婦なのか、風俗嬢のなのか。この問いについては非常に難しいところではありますが、当の本人たちは「プロ」としてお客さんに接しているのであり、「風俗嬢」という仕事としてやっているという認識が一般的です。研修もしっかり受けていますし、ただ身体を預けるだけでなくお客さんに心地の良い時間を過ごしてもらうためのサービスを提供する。それが「風俗嬢」なのだという自覚を持っているはずです。
近年よく問題として挙げられているのが大学生が風俗店で働く現状ですね。学歴社会がまだまだ残っている日本において、大学を卒業していなければいい会社には入れませんし、入ったとしても待遇は中卒・高卒・大卒・大学院卒では大きく異なります。そんな状況において学生たちは大学を目指しますが、家庭の事情で大学のお金が払えないなんてことはよくあり、学費を稼ぐために特に地方から出てきた学生たちは風俗店で働きます。私立大学であれば年間100万以上、プラス生活費等も自分で稼がなくてはならないわけですから、自分一人でこなそうと思うと相当なお金が必要になってきます。この高収入を可能とするのが風俗であり、中にはAVに出演するような女の子も出てきています。就職内定が決まっていた学生がAV出演がバレて内定を取り消された事件が話題になりました。しかもそれが有名大学だったこともあり、大学側もその火消しに追われました。

女の子は幼い頃から「王子様と一緒になりたい」とか「アイドルスターになりたい」といったきらびやかな夢を抱きます。その「アイドルになりたい」という夢が近年簡単に叶うようになっており、容姿が良くて歌が上手くて踊れるような女の子であれば何かしらのアイドルグループとして活動することができます。また特にグループに所属することにこだわらなくても、インターネットというものを活用してネットアイドルになることも可能です。その延長にライブチャットで自分のオナニーを人に晒したりする仕事があります。
アイドルも最近は水着姿になるのが当たり前で、売れないアイドルがAV女優に転身するケースも増えてきています。こういった「露出」に対する意識が女性の中で薄れてきており、特に抵抗なく自分の裸を見せるようになってきた傾向があります。

この女の子たちの性に対するカジュアル化の現状は1980年に生まれたブルセラ世代という人たちが20歳になり、2000年頃から肉食女子というものが現れるようになったことから風俗やエロに対してポジティブになっていきました。風俗というものは元来社会的に失敗した女性が資金調達のために風俗嬢になるといったケースが多かったのですが、リーマンショック以降はそういったイメージも改められるようになり、健全な仕事の1つとして捉えられるようになってきました。「性を売る=転落」といったイメージではなく、むしろ会社に属して会社からお金をもらうよりも自分に力でお金を獲得しているという意味で、風俗嬢として働くことに誇りを持っている女性さえいます。

最近では地方から状況してきた一人暮らしの女の子で、それなりに容姿のいい子であれば4人に1人は風俗で働いているといいます。学費を稼ぐだけと軽い気持ちで始めた人でも、風俗で得られる大金に普通の会社で真面目に働く生活がバカバカしく思える女性もいるはずです。風俗で働けば遊べるだけの金もたくさん手に入りますし、一度そういった豪遊生活を送ると大概は元に戻れないはずです。風俗は劇薬ですので、一度手を出すとやはりリスクがあるものだという自覚は必要です。

・風俗店とヤクザ
また、風俗はまだまだヤクザの世界と絡んでいるお店があります。新規で出店しているようなお店はヤクザと関係性を持つことを避ける傾向にありますが、元々この世界を牛耳っていたのがヤクザであり、完全に切り離すことはできません。
特にソープなどの店舗型のお店の場合、法律より新規店舗の建設が禁止されているために、既存の店舗を改装して使い続けるしかありません。そのためお店も代々受け継いでいくしか現状方法はなく、関係性は続いていきます。そういったお店に在籍すればもちろんヤクザと絡むことがあるでしょうし、場合によっては店外でサービスを提供することもあるかもしれません。
デリヘル等は店舗を持たずに個人事務所で経営をすることができるのでヤクザと関係性を持たない一般の経営者が経営しているケースが最も多いです。こちらも法律改正によって無店舗型の風俗の法律が緩くなったことで一挙に広まり、現在では風俗で最も多いジャンルになっています。ヤクザとの関係性を避けるのであればなるべく新規のデリヘルなどを選ぶと良いでしょう。直接聞いたところで答えてくれる訳はありませんので、後は自分で情報を集まるなり在籍嬢に聞いてみるなりして判断するしかありません。

風俗は高収入を得られる代わりにリスクも高いです。こういったリスクマネージメントをちゃんとできる人でないと風俗で働くことは難しいでしょう。

風俗は日本橋で探してください